金銭面の負担

一軒家の外観

オール電化リフォームにする理由とそのメリット

オール電化リフォームが流行っています。オール電化リフォームにする場合の理由は、プロパンガス代が高いことや光熱費を減らしたいという金銭面に関するものが多いようです。オール電化にするには、今までガスを利用していた部分を電化する必要があります。お風呂場とガスコンロは電気給湯器とIHヒーターに変える必要があります。電気給湯器のメリットは、災害時に備えてお湯を貯めておくことができる点や、追い炊きにほとんどお金がかからない点です。一方IHヒーターのメリットは、ガスコンロの半分の時間やお金でお湯を沸かすことができる点、夏場でもキッチンが暑くならずエアコン代も節約できる点、火災の心配がなくなる点などが挙げられます。

そのデメリットについても知っておこう

オール電化リフォームをすることで、金銭面での節約は大きいのです。特に深夜料金をメインで使うため、昼間に人がいなくなる家庭ではそのメリットはより大きなものになるでしょう。その一方で、オール電化リフォームのデメリットも知っておかなければなりません。まず、深夜料金を使うプランの場合は、昼間に電気を使うことで電気代が割高になってしまう場合があります。また、オール電化にすることで、停電が起きた場合、何もすることができなくなる点です。これに対しては、携帯用ガスコンロを置いておけば料理程度なら可能になります。また、IHクッキングヒーターを使う場合、鍋が限られてくるのです。それ以外の鍋は出番がなくなってしまいます。


このエントリーをはてなブックマークに追加